多汗症なのかどうかについて

多汗症に悩まされている方は少なくありませんが、
それは本当に多汗症なのかどうかということを一度考えてみましょう。

というのは、ひとくくりに多汗症といっても、種類があり、
これは「多汗症の種類」というカテゴリで解説していますが、
まず大きく分けて2通りの症状が考えられます。

ひとつは全身から発汗するという「全身性多汗症」と、
手掌や、足の裏などの局部から発汗する「局所性多汗症」の2種類が存在します。

前者の場合、何か他の原因(病気)があるかもしれませんし、
ただの汗っかきなのかもしれません。

また後者の場合は、ストレスや過度の緊張が、
発汗を引き起こしている可能性もあります。

どちらにしましても、多汗で悩まされている人は、
ただの思い込みや主観が入っているケースも考えられますので、

「自分は多汗症だから」と言ってマイナスに考えるのではなく、
「本当に多汗症なのか?」という疑問をまずは持って、
専門家にしっかりとしたアドバイスを受けることをお勧めいたします。


多汗症の原因

多汗症の原因はその症状の種類によってかわってきますが、今現在で分かっている原因について挙げていきます。

それぞれ治療や対策のしかたが変わってきますので、みなさんしっかりとチェックするようにしましょう。

■多汗症の主な原因

○神経質・人よりも緊張しやすい

○遺伝

○更年期障害やリウマチ、糖尿病など
 他の病気にかかっている

多汗症の原因になっているものの主な原因は、こういった症状によるそうです。

適切な治療、対策を施す為にもこのサイトでチェックしていくようにしましょう。

塩化アルミニウム

多汗症関連用語ということで、
塩化アルミニウムについての、解説をしたいと思います。

塩化アルミニウムとは、汗を抑える働きのあるもので、
制汗剤やデオドラント剤などの中に含まれている成分のことです。

塩化アルミニウムは皮膚に直接塗ることで効果を発揮するのですが、
あくまでも効果の程は、一時的なもので、多汗症を根本的に治療する
といったものではありません。

皮膚がかぶれるなどの可能性もありますので、塩化アルミニウムを
使用する際は、かならず専門医などに相談を受けてから
使用するようにしたほうがよいでしょう。

キレイな汗

汗の種類と症状について解説していきます。
キレイな汗とは、一体どういう汗のことを指すのでしょうか?

1番分かりやすい説明をしますと、運動をしたときにかくサラサラとした汗のことです。
このサラサラの汗はほとんどの成分が水と少量の塩分で構成されています。
においに関してもキレイな汗は、ほぼ無臭のです。

また時間の経過を待たずに、直ぐに乾くというのも特徴の1つでしょう。

多汗症で悩まれている方は、汗に対してネガティブに考えている方が多いと思いますが、
汗というのは人間が生きていくうえで欠かせない機能です。

生活体質を改善して普段からしっかりと、
この良い汗・キレイな汗をだす必要があるのです!

多汗症の外用治療

多汗症の外用治療として広く知られているのは、
塩化アルミニウムを、わき等に局所的に使用する方法です。

塩化アルミニウムは薬局でも市販されていますし、
それを含む制汗剤もありますが、副作用を引き起こしてしまう
可能性もあり、否定的な意見もあるそうです。

多汗症を抑えたい気持ちは分かりますが、使用する際は
やはり医師や薬剤師などと、よく相談することをお勧めします。